2015年12月25日

お遍路 34 番(リハステージ郷)

お遍路 34 番(リハステージ郷)


高知の夏の暑さを乗り越え、


紅葉が美しい117日。343637番を参ってきました。


知も残すところあともう少し!!


のどかな田園風景の中に溶け込みんでいる34番札所種間寺

577年、百済から招かれた仏師たちが

その帰途に土佐沖で暴風雨に遭ってこの地に流れ着き、

海上の安全を祈願して薬師如来を

刻み祀ったことに始まると言われています。

その後、弘法大師が訪れてお堂を整え、

唐から持ち帰った五穀(米、麦、粟、きび、豆)

の種を蒔いたことから種間寺

という名がついたと伝えられています。

本尊は「安産の薬師さん」として親しまれており、

「通りがいいように?!」底の抜けた柄杓に人気があります。

IMG_1567_R.JPG


樹齢230年以上の鹿児島から移植された「しだれ赤松」


IMG_1568_R.JPG


躍動的な大師像。今にも動かれそうです・・・


IMG_4916_R.JPG


IMG_4911_R.JPG


posted by アソカ園 at 20:07| リハステージ郷